Rosy Pig の笑顔でハンドメイド

手芸作品を紹介したり 旅行・美味しいもの・愛犬の話を綴ります                                             since Dec., 2011          

Entries

神勝寺 禅と庭のミュージアム


神勝寺は、昭和40年に建立された建仁寺派のお寺です。
今回こちらを訪問したのは、その境内にある、2016年9月にオープンした
アートパビリオン「洸庭(こうてい)」を見ることが目的でした。

総門  京都にあった旧賀陽宮邸の門を移築したものです。

禅と庭のミュージアム (2)

賞心庭 総門を入ると 大きな池泉回遊式庭園が広がります。
池は、「心」の字をかたどっているそうです。

禅と庭のミュージアム (3)

禅と庭のミュージアム (1)

多宝塔 滋賀県大津市石山寺の国宝 多宝塔を模して建立されました。

禅と庭のミュージアム

この多宝塔から、道路を横切る陸橋の向こうに見えるのが、今回の目的
アートパビリオン 「洸庭(こうてい)」 です。

禅と庭のミュージアム (5)

木材で包まれた船型のパビリオンが、石の海に浮かぶように建てられています。
今注目されている現代美術家 名和晃平さんのインスタレーション作品です。

2009年に銀座のメゾンエルメスで、名和晃平さんのガラス作品を鑑賞して
以来のファンです。
(ちなみに、森村泰昌さんも名和晃平さんも、京都市立芸術大学出身です)

禅と庭のミュージアム (4)

斬新な建物と日本庭園のコントラストに圧倒させられた不思議な空間でした。

禅と庭のミュージアム (6)

禅と庭のミュージアム (11)

小さな入口から中に入ってインスタレーション作品を鑑賞します。
自由に入れるわけではなく、30分毎に20人ずつの入れ替え制になっています。

禅と庭のミュージアム (7)

内部は真っ暗闇で、奥には水面が広がりそこにかすかな光が反射する・・・
(暗くてよくわかりませんが、実際に建物の2/3以上は水をはったプールのように
なっていた?と思います)
ほぼ変化のない30分、背もたれのない固い椅子、正直に言うと、少し苦痛でした。

まさしくこれが禅を体感するということなのでしょう。 貴重な体験ではありました。


せっかくなので、広い庭園を散策してみました。

一来亭  千利休が聚楽屋敷に建てた一畳台目の茶室を復元したものです。

禅と庭のミュージアム (8)

無明院  神勝寺の本堂
荘厳堂では、江戸中期の禅僧 白隠 の禅画や墨蹟が常設展示して
あり、見ごたえあるものでした。

禅と庭のミュージアム (9)

広大な枯山水庭園  足立美術館庭園など 国内外で300近いの有名な
日本庭園を作庭している 中根金作(故人)の作品です。
 
禅と庭のミュージアム (10)

時季がよければ、桜などのお花や紅葉が綺麗なようで少し残念でしたが、
あくまで今回の目的は「洸庭」ということで・・・
新しいアート、壮大なアートに触れることができた素敵な時間でした。




スポンサーサイト

ふくやま美術館 & リストランテ真田

福山で2か所、美術館賞をしてきました。
広島から福山までは、高速道路を使うと1時間半足らずで行けます。

先ずは、福山駅のすぐ近くにある ふくやま美術館へ。
この辺りは緑に囲まれ、美術館、博物館、文学館、福山城 と文化的施設が
立ち並んでいて、散策コースに最適のエリアです。 
今回は、美術館だけです。

ふくやま美術館 (3)

何を観たかったかというと、企画展
「森村泰昌 こうして少年は美術家になった」 です。

ふくやま美術館森村泰昌

「自画像的作品」をテーマに作品を作っている、日本を代表する現代芸術家です。
世界的に有名な絵画や有名人、ゴッホに始まり、モナリザ、マリリンモンロー、
三島由紀夫などなどを、独自の解釈で表現しています。

現代美術作品は、正直わからない!と思うことも多いのですが、
森村さんの作品には惹きこまれます。

今回の展示は、それらの作品ではなく、森村さんの「まねぶ(真似て学ぶ)」
初期の作品群でした。

娘は、以前 森村さんの講演を聞く機会があり、とても楽しい時間だった
そうです。

常設展も、岸田劉生をはじめ、バラエティに富んだ作品を楽しめました。

ふくやま美術館 (4)

ふくやま美術館 (1)

美術館の周りは、緑が多く、大きなオブジェがあったり、すぐそばに福山城が
見えたりと、広々とした素敵な空間でした。

ふくやま美術館 (2)


美術館の後は、ランチ、イタリアンのお店 「リストランテ真田」へ。
福山はよく知らないので、下調べして予約しておきました。
口コミ通り、親しみやすいシェフと美味しい料理でした。

リストランテ真田

この後は、車で25分くらいのところにある、
「神勝寺 禅と庭のミュージアム」 へ行きます。



カルトナージュ コスメボックス

カルトナージュ上級 5作品目は、コスメボックスを作りました。

( 2017. 3 )
コスメボックス
約 23 x 17.5 x 23 cm

生地は、光沢のあるピンクベージュ色で織り柄が素敵です。
鏡は、スワロフスキー製 クリスタルをディスプレイする時に敷く鏡。
つまみは、ゴールドベースに14mmのパールでシンプルに可愛くしました。


   復習技法や、新しく勉強する技法が満載の大作となりました。
     このような複雑なものになると、数ミリの誤差で仕上がりが上手く
     いかないのだなと痛感しています。

     復習用に作る時は、もっとスマートに工夫して作りたいと思いますが・・・
     既習の上級5作品のうち、復習したのは? 1作品だけでした~

     上級残すところ、あと1作品です




ミニタペストリー ヴィクトリアン風

クリスマスの時に、手作りオーナメントを飾っていたアイアンスタンドが
何もかけるものがないままになっていたので、ミニタペストリーを
作りました。

( 2017. 3 )
ミニタペストリー (4)
約16㎝ x 13㎝

表も裏も、カルトナージュの余り生地を使用。
全体的にグリーンでまとめて「春の訪れ」をイメージしました。

以前作ったものと同じように、2㎜カルトンにキルトを何枚かのせて
装飾した布を貼って作っています。

ミニタペストリー (3)


   3月に入り陽気がいい日が多くなったので、アップルのお散歩も
     苦にならない日が増えました。 それでも私は、耳がジーンと
     冷たくなるのが苦痛で、もう少しの間は耳あてが必須です。

     青空に白い雲がぽっかり浮かぶ 絵のような空     
     道端に咲き始めた小さな黄色い花
     相変わらず草の匂いを嗅ぐアップル…目指せ?第2のアンズちゃん

2017 3月



   

いちご&はっさく 大福

御座候の、美味しい「二十焼き」を購入した時に、いっしょに期間限定
「晴つぶあん」も購入しました。

いちご大福 (1)

ちょっと待った! ブログを始めてから、これは標準語?と
調べることが多くなりました。

えっ!そうなのかぁ~
「二十(にじゅう)焼き」というのは広島県だけで使われている
呼び名だそうです。  もちろん、「今川焼、大判焼き」という呼び名も
知っていますが、すぐ出る呼び名は「二十焼き」 です。

「秘密のケンミンSHOW」では、バーのマスターに
「お客さん、広島県の出身だね」と、言われるところでした

本題にもどって、その「つぶあん」で、いちご&はっさく大福を作りました。

いちご大福

簡単にできます。
皮を熱いうちに処理しなければと焦りますが、少し冷めてからでも
大丈夫です。
皮を丸く伸ばして包むのに、上中央が薄くなってしまい、黒いあんが
透けて見えてしまいました。 下側の皮が厚ぼったくなっています。

見た目はちょっと・・・ですが、味は上々
それは、つぶあんと果物が美味しいからですね



左サイドMenu

プロフィール

Rosy Pig

Author:Rosy Pig
ご来訪ありがとうございます。
ハンドメイドが大好きで 自己流で
楽しく色々なものを作っています。
読書・旅行・美味しいお店を探す
ことも好きです。

カレンダー

最新記事

ブログランキング

ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: