Rosy Pig の笑顔でハンドメイド

手芸作品を紹介したり 旅行・美味しいもの・愛犬の話を綴ります                                             since Dec., 2011          

Entries

霊鑑寺 & 安楽寺

京都の紅葉巡り
この日は午前中に、哲学の道の途中にある、霊鑑寺と安楽寺へ行きました。
どちらも、春と秋の特別公開の時期だけしか参拝できませんので、
ぜひ訪ねてみたいと思っていました。

霊鑑寺
江戸時代に、後水尾天皇の皇女を開基として創建されました。
歴代皇女が入寺された尼門跡寺院で、鹿ヶ谷にあった事から 「谷の御所」
とも呼ばれています。 御所人形など貴重な寺宝が残されています。

参道石段から表門へ
霊鑑寺-2

回遊式庭園となっています。 
別名「椿の寺」と言われるように、園内には、今は花を落とした大きな椿の
木がたくさん・・・春の特別公開にはぜひ足を運びたいと思いました
霊鑑寺-3

樹齢350年を超えるタカオカエデ  大変立派で堂々たる美しさでした。  
近くからでは全体像が写せず、引いて撮ると他の木や建物が邪魔をして写せずです。
霊鑑寺-1
霊鑑寺-5

安楽寺
住職自らが、お寺の縁起や仏像などのお話をしてくださる時間帯に、ちょうど
居合わせて、お話を伺うことができました。
「鎌倉時代初期、法然上人の弟子、住蓮房と安楽房が念仏道場を開きました。
当時、後鳥羽上皇の女官として仕えていた19歳の松虫姫と17歳の鈴虫姫は、
両上人の念仏の教えに感銘して出家しました。
このことを知った上皇は激怒し、念仏の教えを説く二僧を斬首しました。
・・・まだ続きますが・・・」
安楽寺は、安楽と住蓮の供養のために建てられた寺院といわれています

山門へ続く石段は散紅葉に覆われ、素敵な雰囲気です。
安楽寺-4

本堂
安楽寺-1

安楽寺では、毎年7月25日に「中風まじない鹿ヶ谷カボチャ供養」が行われ
ひょうたん型をした鹿ケ谷カボチャを煮炊きしたものが参拝者に振舞われます。
突然変異してひょうたん型となったといわれる鹿ケ谷カボチャは、京の伝統野菜の
ひとつだそうです。

後日、錦市場の裏を歩いているときに、小さな八百屋さんでこんなものに出会いました。
たくさんのカボチャの中に、ひょうたん型のカボチャがありました。
京野菜-1

この後、近くにあるフレンチレストランへランチに行きます


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Rosy Pig

Author:Rosy Pig
ご来訪ありがとうございます。
ハンドメイドが大好きで 自己流で
楽しく色々なものを作っています。
読書・旅行・美味しいお店を探す
ことも好きです。

カレンダー

最新記事

ブログランキング

ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: