Rosy Pig の笑顔でハンドメイド

手芸作品を紹介したり 旅行・美味しいもの・愛犬の話を綴ります                                             since Dec., 2011          

Entries

華麗なるジャポニスム展 & 野口久光ポスター展

京都、この日は2つの美術館を巡りました。

まずは、京都市美術館で「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」 を観ました。
(京都は、11月30日まででした)

ジャポニズム京都市美-4

19c後半から20c初めにかけて、西洋で浮世絵などの日本美術が大流行し、
当時の画家たちに影響を及ぼし、ジャポニスムという現象が生まれました。
この展覧会では、ボストン美術館の所蔵品約150点が紹介されています。
チケットは、初期ジャポニスムを代表するモネの大作「ラ・ジャポネーズ」です。
ジャポニズム京都市美-5  ジャポニズム京都市美-1

浮世絵と、それに影響を受けた作品が比較展示してありましたので、大変わかりやすかった
と思います。 それでも、どこが?と思う作品もあり、考えながら観る楽しみもありました。

購入した絵葉書  
(左) クロード・モネ 「着物をまとうカミーユ・モネ」
作品の女性は、モネの妻だそうです。 モネといえば「蓮池」という印象とは全く違う
構図や色使いがとてもインパクトがありました。
(右)カミーユ・ピサロ 「雪に映える朝日」
歌川広重の作品と対比してありました。 どちらも静かな雪の情景が伝わってきました。
ジャポニズム京都市美-2  ジャポニズム京都市美-3

京都市美術館を後にして、以前、食したことがある、うどんで有名な「山元麺蔵」と
「おかきた」へ行ってみましたが、当然のことながら長蛇の列であきらめました 
すぐ近くの「権太呂」でおそばを食べました。
権太呂-1

権太呂-2  権太呂-3


ランチの後、三条の京都文化博物館で開催されていた
「野口久光 シネマ・グラフィックス 魅惑のヨーロッパ映画ポスター展」
へ行きました。(12月7日まででした)

野口久光-5

野口氏(1909-1994)は、戦前戦後の映画ポスターデザイナーの第一人者として活躍され
多数の映画ポスターの他、レコードや雑誌などのデザインもされました。
野口久光-1  野口久光-4

リバイバルで観たことがある映画はほんの数本でしたが、どのポスターも
その映画の魅力が伝わってきて、観たい!と思わせるようなデザインです
タイトルなどもすべて手描きです。 素敵な絵画作品を観ているようでした。

購入した絵葉書
(左) 「旅情」 ほとんどの作品が印刷でしたが、これは原画展示がありました。
(右) 「禁じられた遊び」
野口久光-2  野口久光-3  

翌日は、嵐山から嵯峨野を巡ります。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Rosy Pig

Author:Rosy Pig
ご来訪ありがとうございます。
ハンドメイドが大好きで 自己流で
楽しく色々なものを作っています。
読書・旅行・美味しいお店を探す
ことも好きです。

カレンダー

最新記事

ブログランキング

ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: