Rosy Pig の笑顔でハンドメイド

手芸作品を紹介したり 旅行・美味しいもの・愛犬の話を綴ります                                             since Dec., 2011          

Entries

うさぎの島 大久野島

大久野島は、別名、うさぎ島と呼ばれるように、島には野生のうさぎが
たくさんすんでいます。
なぜ?調べると、 1971年に地元の小学校でかわれていた8匹の
うさぎがはなたれて、今日にいたったという説が有力だそうです。

そして昭和4年から終戦まで、大日本帝国陸軍によって秘密裏に毒ガスが
製造されていて、この島は戦争中には地図から消されていたという
歴史をもつ島でもあります。

フェリーに乗って約12分で大久野島に着きました。

大久野島 (2)

桟橋から、歩くこともできますが、無料バスで国民休暇村まで行きました。

大久野島 (5)

大久野島 (1)

休暇村前の広場にはたくさんのうさぎがいます。 
この島のうさぎの種類であるアナウサギの習性らしく、たくさんの
穴を掘っていて・・・休む時はその中に入って眠っていました。

大久野島 (3)

島内のいたる所にうさぎはいます。

大久野島 (11)

展望台へ登ろう!と向かいましたが、急傾斜の登山道で早々に断念。
途中の休憩所で写した写真です。

大久野島 (4)

お昼は、休暇村のレストランで、瀬戸内海の海の幸、タコのさしみ・香り揚げ・
タコ飯、鯛の酒蒸しや釜飯、鱧の天ぷらなどをいただきました。
どれも美味しく大満足のランチとなりました。

大久野島

帰りは、自転車で島内を1周しようという子ども達の誘いを断り・・・
もう数十年自転車に乗っていないし、脚力に不安大!のため
夫婦だけで歩いて桟橋に向かいました。

途中毒ガス資料館へ寄りました。
随分昔に、森村誠一氏の「悪魔の飽食」を読んで、731部隊のことを
知りましたが、その時の衝撃は今でも忘れられません。

大久野島に建設された化学兵器生産施設は、今は廃墟となって
歴史を物語っています。

薬品庫跡
大久野島 (6)

大久野島 (7)

重油タンク跡
大久野島 (8)

発電所跡
大久野島 (9)

瀬戸内海の美しさとうさぎに癒される一方で、毒ガス資料館や
施設の廃墟を見て深く考えさせられ心が重くなったりもした、
貴重な体験ができた1日でした。

やってくるフェリーに乗って帰ります。

大久野島(12)



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Rosy Pig

Author:Rosy Pig
ご来訪ありがとうございます。
ハンドメイドが大好きで 自己流で
楽しく色々なものを作っています。
読書・旅行・美味しいお店を探す
ことも好きです。

カレンダー

最新記事

ブログランキング

ブログランキング


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: