FC2ブログ

Rosy Pig の笑顔でハンドメイド

手芸作品を紹介したり旅行・美味しいもの・愛犬の話を綴ります  since Dec., 2011          

Entries

横浜トリエンナーレ 2020

横浜へ行ってきました。
孫の世話をする予定でしたが
大丈夫とのことで、会って遊んで食事して
おもちゃを買って(笑) 楽しい3日間でした。

その期間に、娘と横浜トリエンナーレ2020 へ。

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (1)

美術館がグレーの幕でおおわれていて
工事中のように見えますが、
これも1つの作品です。

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (4)

行く前にちょうどNHK日曜美術館で放送され
予習ができ、紹介されたものを中心に観ました。
詳細は省き簡単なタイトルと写真だけを。

エントランスにある
ニック・ケイヴによる 《回転する森》
いろいろな形のオーナメントが光に照らされ
キラキラと美しい眺めです。

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (3)

引きで見るとこんな感じ。

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (2)

青野文昭 「なおす」をテーマに
使い古されたものなどの創造的復元作品

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (10)

千人針の結び目の写真

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (9)

ソフト素材のインスタレーション作品

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (8)

ポリマーでつくられたメカニカル作品

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (7)

タイトルは「目標の定量的無限性」
何らか変形した体操器具が展示され
スピーカーから「男なんだから」など
行動を制限される多くの抑圧的な
言葉が発せられます。

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (6)

タイトル「54の智慧と慈悲」

横浜トリエンナーレ2020 9月20日 (5)

作品はほんの一部、映像作品も数多くありました。

現代アートは作家のコンセプトを理解、
共鳴できなければ、なかなかその作品に
感銘を受けることができないと思います。
正直、私にはほとんど理解できませんでしたが
それらを飾ってある空間、行き交う人々の
中に身を置くことには豊かなものを感じました。


昼から娘はさらに他の会場を見て回り、
私は息子と孫と一緒に、息子が通った大学
1-2年時のキャンパスへ。
新しくできた建物を見てきました。

銀杏並木 
黄金色に染まる時期にも来てみたいです。

慶応日吉キャンパス (1)

今年3月竣工の記念館

慶応日吉キャンパス (2)

本来なら今の時期のキャンパスは、
大学祭の準備でダンスをしたり
楽器を演奏したりと活気溢れている
はずですが、コロナ禍で
いまだオンライン授業で学祭も中止。
シンと静まり返ったキャンパス、
学生の皆さんは本当に残念だろうと話しました。



スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

Rosy Pig

Author:Rosy Pig
ご来訪ありがとうございます。
ハンドメイドが大好きで 
カルトナージュを中心に
楽しく色々なものを作っています。
読書・旅行・美味しいお店を探す
ことも好きです。

カレンダー

最新記事

ブログランキング

ブログランキング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: